占い師


  • THOTH TAROT
  • OSHO禅タロット
  • 西洋占星術
  • 数秘術
  • ペンデュラム
  • アストロダイス

カウンセラー


  • 初級カウンセラー
  • 上級カウンセラー

占いというと、どんなイメージを持つでしょう?


私の占いに対するイメージは、「朝の占いで、良い事だけ信じる」

というあまり生活に関わりの無いものでした。


そんな私が占い師になったキッカケは心理学です。

 

カウンセラーを目指し勉強をすすめるうち

カール・グスタフ・ユングが提唱した

「集合的無意識」にとても興味を持ち

スピリチュアルというものは

決してうさんくさいものでも、自分達から遠いものではなく

目を向けることも逸らすこともできる

自由な自己の精神世界にあるものだと感じたからです。

 

私には霊的な、不思議な力はありません。


ですが私が使うトートタロットに、隠された心や予測されることを

「集合的無意識」を利用してカードに表すことは出来ます。


その結果やメッセージをどう使うかは、自分次第です。


生きるという事は、夢や希望だけではお腹は膨れず

だからといってリアルばかりでは、心が重くなってしまいます。


私にとっての占いとは、心と思考のバランスを調整するためのもの

 

依存したり逃げ込むものではなく

リアルな世界の中で自分の心を生きやすくする

「ツール」だと考ています。


生活をしていく中で溜まっていくストレスの原因や

自分が無意識のうちに目を背けていること

無かったことにしてしまった感情が判断を鈍らせ

あなたを悩ませてしまう時は


是非タロットのメッセージを聞いてみて下さい。